« 紅葉狩り | トップページ | ビーちゃんの輸血報告 »

2010年11月14日 (日)

献血ドナーとなっていただける犬を募集しています

緊急のお願い。

我が家のビアンコが重篤な貧血に陥り、PCVの値 (赤血球の割合 )が
生命の危機に関わるほど低く、まずは原因を探すための骨髄液採取の為の検査
にも体力を維持するための輸血が必要となりました。

そこで、不躾なお願いですが、献血ドナーとなっていただける犬を探しています。

まずは、ビーちゃんの第一回の輸血を11月15日に予定しており、我が家のレトリバー
「レオ」がドナーになります。

しかし、残念ながら2回目以降は抗体が出来てしまい、同じレオの血が
使えなくなるそうです。

2回目に輸血が必要かどうかも現時点では不明ですが、必要になってから
探すには時間がありません。

私も急なことで大変戸惑っており、輸血に関しての知識はゼロでしたが、
ドナー側のわんちゃんには健康上の負担は殆どないそうです。
・・・とは言っても勿論、時間拘束や労力などのご負担を掛けてしまうことになり、
安易にお願い出来る事ではありませんが、もしもご協力を頂ける方がこのブログ
を読んで頂けたなら、ぜひメールへご一報下さると幸いです。

必要時期はまだ全くの未定です。
ましてや大事な家族を簡単にドナー提供できないことも承知しています。
まずは疑問、質問だけでも結構です。

最初にクロスマッチテストが必要で、ドナーになって頂けるかも分からない中での
お願いですが、少しでも可能性を探したいので身勝手なお願いですがよろしくお願い
いたします。


参考までに 犬・猫の輸血に関する資料です。  
   
        ↓
http://ac-plaza.co.jp/blood-donation/index.html

http://www5a.biglobe.ne.jp/~wantail/aigo/blood.html


現在日本国内には、ごく一部にしたか上記のような献血システムは無いそうで、
一般的には自分たちでドナーを探すしか無いそうです。

PCV 【ヘマトクリット】
一定量の血液に含まれる赤血球の割合。
血液を血球成分と液体成分に分けたときの赤血球の容積が
何パーセントかを示すもの。

« 紅葉狩り | トップページ | ビーちゃんの輸血報告 »

」カテゴリの記事

コメント

心配です。ビーちゃん様子はどうですか。
八ヶ岳に住んでいればいつでも供血に連れて行くんですが…。
PJも東京の病院でボランティアで供血していました。
大型犬はたくさん取れるし、PJは病院が好きな子だったので、協力していました。
ジャスパーも10ヶ月になったので(通常は1歳から7歳といわれているみたいですが)、もう供血できると思うんですが、今回は連れてきていませんでした。
本当に役に立てずにすみません。

PJが泳いでいたとき倒れたのは貧血だったみたいで、犬の貧血は他の問題がある可能性が大だとそのとき先生に言われました。
ビーちゃんが重篤の病気でないことを祈るばかりです。
全血を輸血する場合、冷凍できないと聞きました。
どなたか大型犬のドナーがいればいいのですが。
来週の週末なら来ていると思います。
もし必要なら連絡ください。
病院はどちらですか?

yamazumaiさん、具合悪そうなビーちゃんを見て、何もできない自分が辛く悲しくやるせない気持ちでいっぱいだと思います。
よくなる可能性を信じてできることをしてあげてください。
よくなることを祈っています。

PJmamaさん、ジャスパーくんありがとうございます。

そうですか、PJくんはボランティア献血していたん
ですね。素晴らしいですね。
私はそんな事すら今まで考えたことも無く、大型犬
2匹が若くて健康だった時代にボランティアしておく
べきでした。

でも高齢ではありますが食欲旺盛さは劣ることがない
レオに明日は託してビアンコには頑張ってもらうばかりで、
本当に私にできる事が何もなくて・・・。

万一、2回目の輸血が必要となった場合には1回目より
血液型の合うドナー探しが大変だと聞いています。
その際はより多くの可能性を持っていたいと思っているので
お申し出に甘えてご連絡させて頂くかも知れません。
本当にご心配頂きありがとうございます。


ちなみに病院は甲斐市竜王にあります。

はじめまして。
小金井公園でマージちゃんに仲良くしてもらっている、モヒート&テキーラです。
ビアンコちゃんの一日も早い回復をお祈りしております。
事情が事情なので勝手にリンクしています。悪しからず。

はじめまして、こんにちは !

ご一読頂いてコメント頂き感激です !
更にリンク頂きありがとうございます。

昨日、マージ母さんから電話を貰ってから数時間で
あっと言う間にビアンコを心配して下さるお友達が増えていって嬉しい限りです。

我が家も何十年もわん達と暮らしてきましたが、犬の
ドナーなど考えたこともありませんでした。

しかし、当事者になって改めて人間との医療の違いや
周りの方の理解と反応の差に困惑するばかり。

今はとにかくビアンコの命を救いたい一心ですが、これを機会に
微力ですが犬の環境をもっとお勉強したいと思いました。

モヒートくん、テキーラくんかっこいいです♪
いつか、レオとビアンコもご一緒出来ると嬉しいなぁ。

早速ブログにアクセスさせて頂きました。ジャックラッセルという犬種名全く知りませんでしたので、写真拝見させて頂きました。テリヤ系の犬種ですか?
色んな所に連れて行ってあげているんですね。楽しそうに歩いている画像の結果が、心配な事になってしまって、とても残念ですが、回復出来るといいですね。私は、ツィッターのつぶやき位しか、書き込めるサイトは利用しておりませんが、妻が二年前まで「器ギャラリー緋彩」という備前専門のお店を開いていました。そちらでのブログにはトイプーばかりの写真ですが、たまにニノともう旅立ってしまったローラの事もかいてあります。いずれ、ワンちゃん共々お会いできるといいですね。

大野さん、この度はいろいろと本当にありがとうございます。

今日はお会いしそびれて残念でした。
供血の件、快く柔軟に対応して頂いて感謝のしようもございません。
3度目の輸血なんて事は考えたくもありませんが、「いいですよ~。」と
言って頂くだけでどれ程心の支えになったか測り知れません。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234169/37661662

この記事へのトラックバック一覧です: 献血ドナーとなっていただける犬を募集しています:

« 紅葉狩り | トップページ | ビーちゃんの輸血報告 »

フォト

Links

お気に入りサイト